病院選び

笑顔の看護師

国の調べによると6組に1組の割合で不妊検査や不妊治療の経験があるという調査結果があります。
医療が発達し、不妊に対する治療も目覚しい発展を遂げている今でも、妊娠は自然にするものだという風潮は存在している。
その温度差が当人達を苦しめ、誰にも相談することが出来ずストレスにより、余計に子供が出来ないという悪循環をもたらしているとも言われている。
そこで、医療福祉に準じる人たちは声をそろえて、たとえ治療をするわけでなくてもそういった悩みを持つならば気軽に婦人科を受診して欲しいといっています。
不妊治療とまではいかなくても、妊娠が出来るか、出来ないかということを調べることもできるし、妊娠周期に合わせた指導も婦人科では行っているので子供が欲しいと思っている夫婦はその悩みを婦人科に相談することをお勧めします。

不妊治療の一番のネックといえばお金の負担がものすごいかかるということ。
体外受精をするための費用は一回30万から80万、人工授精は1万から3万と必ず上手くいくというわけではない一回の治療にそれだけの費用がかかってきます。
平成16年に特定不妊治療に対する国の助成金がはじまりましたが、対象夫婦になるための条件などがあります。
一年当たり、一回15万円の助成金2回ほどおりてきます。
まったく助成金が降りてこなかったときのことを思えば随分な進歩だと思います。
他にも自治体によっては助成金が降りてくるところもあるので、自分の住んでいる自治体にと問い合わせしてみるといいでしょう。
今後この助成金の年齢制限を見直したり、年間の回数をどうするかという話し合いがもたれています。
多くの不妊治療を必要とする人がこれにより子供が授かるようになればいいと思います。